古物商の申請には必ず営業所を定めなければなりません。これは、適正な古物営業の運営、古物台帳の保管、並びに管理者の常駐を要求されているため、営業所の存在が重視されることになります。

そして、古物の買受等を行う際にも、この営業所が重要になってきますが、そこはまた別の機会に・・・。

 

では、この『届出をした営業所』でしか古物営業はできないものなのでしょうか。

ここでポイントとなるのが、“行商”というキーワードなんです。

 

申請書にもしっかり行商を“する”“しない”の選択箇所が用意されています。

“行商する”と届出をすることにより、『届出をした営業所』以外の場所においても、古物の取引等を行うことができるようになります。ただし、行商には営業の制限が付されていますので、その点だけはご注意ください。

電話お問い合わせ